オナニーのおかずは人によりそれぞれですが、多くの人がエロ本やAVに頼っているかと思います。
でもいつもいつも同じ傾向の内容では飽きてしまいますし、かといってこれまでのものとは異なる傾向のものではイマイチ興奮できないということもあるでしょう。
ただ性欲を解消するための手段として、マンネリ化したおかずで惰性でオナニーをしている人も少なくないのではないでしょうか。
何かもっと興奮できるオナニーの方法はないかと思ってネットで調べていると、オナ電のことを知ったんです。
「これだ」と思いましたね。
オナニーでありながら相手がいるんですから、これは興奮しますよね。
それに電話を使ってするのですから、手軽で簡単です。
さっそくやってみたんですが、結論から言うと、どうしてもっと早くにオナ電の存在を知っていなかったんだと後悔したほどです。
相手の声がリアルタイムに耳元で聞こえるだけでなく、こっちのセリフや支持の通りに反応してくれるのは実際にセックスをしているかのような雰囲気になります。
そしてこっちの想像以上の反応を示してくれた時などは興奮度は一気に跳ね上がりますね。
もちろん初めての経験なのでうまくいかないこともありましたが、それよりも「またやってみたい」という気分になりました。
オナ電はただのオナニーじゃなく、「バーチャルセックス」です。
もうすっかり病みつきで、これからも楽しんでいきたいと思っています。

はじめての絶頂体験はテレセで味わいました

実は私、これまで何人かの男性と付き合ってきましたが、セックスでなかなかイケなかったんです。
友だちはセックスでイッた時の快感をいろいろと説明してくれるんですが、よくわかりませんでした。
そりゃそうでしょう、そんなの実際に経験してみないとどうしようもありませんからね。
オナニーをしたときにすごく気持ちよくなる瞬間があるんですが、それがいわゆる「イッた」状態なのかはわからなかったんです。
セックスの快感を力説してくれる友だちがあるとき、テレセをしてみてはどうかと薦めてくれました。
テレセというのはテレフォンセックスのことらしいのですが、もちろん経験はなかったので「ない」というと「オナニーと同じように自分のタイミングでできるのに加えて男の人とするからより興奮する」というんです。
私としても一度は「絶頂」という感覚を味わってみたい気持ちがありましたから、テレセを経験してみることにしました。
友だちはテレセでも何度もイッたことがあるらしく(彼女はあくまでもセックスに貪欲なんです)、彼女の利用しているテレセサイトを紹介してもらいました。
やり方は友だちに聞いた通りにプレイしたのですが、実際にテレセサイトの相手の男の人は予想外の言葉を口にしたリ反応を示してきました。
でもそれが私には効果的だったようで、オナニーをしながら思わず意識が遠のきそうな感覚に襲われました。
これがイクということなんだなと思いながら、相手の男性もイッた様子を感じ、さらにもう一度絶頂感を味わうことができました。
イク感覚を覚えた私はもう今やテレセの虜になって、毎日テレセサイトにアクセスして楽しんでいます。