テレフォンセックス(通称テレセ)で知り合った相手をセックスフレンドにしたい場合は、根気よく交流を続ける必要があります。
しかし成功する確率は限りなく低く、博打的な要素が大きいです。
挑戦するのであれば、相応の覚悟を以って臨みましょう。
重要なのは『信用』の獲得です。
初回からリアルセックスを匂わせる発言はせず、人畜無害な存在を演じて下さい。
そうして、まずはテレフォンセックスを通じて交流を深めます。
そこから徐々に、メール交換など『リアルに近い立ち位置』を狙っていきます。
当然ながら、急激に距離を縮めてはいけません。
警戒心を持たれると、こちらの敗北が確定します。
ここから先は、ひたすら時間を掛けます。
信用を確実なものにして『実際に会っても問題ない人物』という評価を得て下さい。
そうして、まずはノーマルなデートを取り付けます。
そこでさらに信用を得て、徐々にセックスへと誘導していきます。
相手とは、疑似的なものとはいえ既にセックスを楽しんだ仲です。
そのため通常よりも性に関するガードは緩く、成り行きでリアルセックスに発展することも珍しくありません。
しかし、それは信用あってこその展開です。
時間を掛けたくない場合は、素直に風俗やソープで遊びましょう。

エロイプで知りあった男性とホテルエッチした私

性欲が強い私は、その性欲をどのように処理していいのかわかりませんでした。
一人エッチをしても虚しさしか残りません。
でも出会い系サイトで会うのも怖い。
そんなときにレディコミで知ったのが「おな電」でした。
エロい話をスカイプを使って一人エッチを見せ合うのです。
これならば、直接出会うこともありません。
私は顔出しNGでも了解してくれる男性を探していました。
そして、メールをくれた人と相互オナニーをしたのです。
普段の一人エッチと違って、痺れました。相手の男性は、ちょっとS性があるのです。「バストを触るのはまだ早いよ!」とか「愛液が溢れているよ」と恥ずかしいことを言います。
そんなことが、とてもうれしかったんです。
何度か、おな電をしているうちに、「会いたい!」と思い始めました。
ラブホテルは怖いので、シティホテルをリクエスト。
チェックインしたら、シャワーも浴びずに服を脱がされました。
同じエリアに住んでいたので、話はトントンと進みました。
私は、触られる前から、びっちょりと濡れていました。興奮がマックスです。
一人エッチと全然違います。
前戯の代わりに、相互オナニー。
画面で見るよりも実際のほうが凄い。
エッチな臭いや音が凄すぎ!
おな電に大満足の私です。